イベント参加はこちらから

31歳独身男性、友達もあまりいない自分が、イベントを始めた経緯について

投稿日:2019/07/28 | カテゴリ:スタッフブログ

31歳独身男性、友達もあまりいない自分が、イベントを始めた経緯について
BOSSくん
ども!イベここ編集部のBOSSくんです★
今日は、一日オフだったので、イベントを始めた経緯をせっかくなので、書こうと思います!

イベントを始めた経緯

ちょいと長くなります…

元々は、街コンのような友達作り交流会によく参加していて、人と人を繋げる交流イベントの主催者がかっこいいなと思い、自分もいつかやりたいなと考えていました。
ですが、友達も対していない奴(自分)がイベントを開催した所で人が集まらないという恐怖心に打ち勝つ事ができずにずっと月日が過ぎていきました。

ある時(去年の7月くらい)、友人と一緒に音楽・エンタメサイト(イベここ)を立ち上げ、今まで働いてきた会社をやめる事に。中々売上が作れず、売上を作る為にイベントを始めたのが、イベントを始めるきっかけでした。

イベントをやった結果


最初は、集客面で不安でしたが、12月に開催したイベこんvol,1は、見事に成功!
30名規模で募集した所、最終的に33名の参加となり、イベントは大成功に思えました。
ですが、参加者を募らせる為に参加特典としてクオカードをプレゼントしたり、集客できる人に紹介料を渡したりしたので、粗利は、0円に等しかったです…

最初の開催でこれだけ呼べたんだからもっといけるはず!と調子に乗り、1月は、月に3回のイベントを組みました。
見事に失敗…
1月11日の友達作り交流イベントは、なんとか15名集まったものの粗利0円…
1月19日の音楽イベントは、100人規模に対して半分も呼べず、5万円近くの赤字…
1月25日の友達作り交流イベントは、5名しか集客できず店舗にも呆れられる始末…

売上を出す為に始めたつもりのイベントが、逆にお金を失うだけのイベントとなってしまい、一緒に起業した友人からもイベントストップがかかり、2月~イベントを組む事は、なくなりました。

結果が出せなくて、凄く悔しかったです。失敗した原因を振り返った時、イベントを短期間で開催しすぎた事。それと、イベント内容がありきたりで一回参加しただけで満足できる内容だったからだと思いました。

イベントをまた始めたきっかけ

月日が達ち、仕事先のライブハウス(graf)から『4月26日イベントがなくてスケジュール空いているから何か企画しない?』と連絡があり、友人に相談。
『あんたイベントしても人呼べないじゃん、やる意味あるの?』と詰められたものの、どうしてもイベントがやりたくて、『人を集められるイベントを考えるから、企画内容だけ見てほしい』と友人に言い、色々考えてみました。

自分がしたいイベントでは、人は参加したいと思わない。
どうやったら人は、参加しやすいのかなとか。

その時、ふと『友達がほしいな』と思いました。
元々、バンドマンや音楽関係の人達と繋がりを持ちたいと思っていたし、バンドマンを集めた飲み会ならライブハウスも呼び込みしやすいんじゃないかと思い、enJOINT(音楽好きが楽しく参加する友達作り飲み会を企画したくて、この名前にしました)vol.1を開催。


日程が決まってから開催まで1ヶ月なかったのですが、参加者は、22名。(自信がなかったので、10名くらいの規模で考えていた…)

とても嬉しかったです。
が、司会も受付も、BGMも全部ひとりでやっていたので、運営としては、最悪でした。
立て続けに5月18日にライブハウス(四次元)で開催したenJOINT GAMES(ボードゲームを体験する友達作り飲み会)の時は、以前の失敗を反省し、スタッフを増やして司会業に専念する事にしました。おかげで帰り際に参加者さん達に『楽しかった』とたくさん言ってもらえました。

でも、イベントが成功したとは、思いませんでした。

イベントを開催・企画する人達へ

『楽しかった』は、社交辞令だと思っていて、本音を言うと思っていたより楽しかった=普通だと考えていました。
ほんとに楽しい時って、めっちゃ楽しかったとか、また行きたいから次いつやるの?とかだと思うんです。

だから、来る人が想像している以上に面白いと思わせるか、来る前からワクワクで眠れなかってくらいの射幸心を突く企画じゃなきゃ、イベントって開催する意味ないんじゃないかとか思ってしまいました。

たくさん人を集めたものが良いイベントではなくて、参加して楽しかった事をみんなに共感したいと思える(SNS等に自分からUPする、次回に友達を連れて参加してくれる)ものが楽しいイベントだと思うんです。

どんなに印象的なイベントも2回、3回といくと最初ほどの感動がなくなり、あきてきて参加しなくなります。
だから、イベントを主催する人達は、常に企画内容を考えて工夫していかなければいけないものだと思います。

最後に…

最近、イベントを開催するまでの恐怖心(集客の事や、まわりとの温度感)で、夜も中々眠れないし、何度も死にたい(逃げ出したい)とも心の中で思っていたりします。
でも、どんなに参加者が少ないイベントだったとしても、開催してる時に『またイベントしたいな…』って思えるから。
これからも頑張っていきたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

みんながワクワクして参加したくなるようなイベントをこれからも考えて開催していけたらと思います。

\ シェアする /
ABOUT ME
BOSSくん
Shotaro Ohshima

BOSSくん

enJOINT運営スタッフのBOSSくんです♪ 中国・四国エリアでサラリーマンの仕事をしながら、休みの土日で福岡県のイベントに参加したり、企画したりしています!